ご来院の方へ:診療科のご案内

循環器内科

循環器内科は、常勤医師2名、非常勤医師2名で循環器全般の診断・治療を行っており、主に高齢者に対して急性・慢性心不全の治療管理、心房細動などの抗凝固療法、狭心症・心筋梗塞の早期発見と迅速な対応、高血圧や脂質異常症の治療管理、睡眠時無呼吸症候群の診断と持続陽圧呼吸療法(CPAP)などを行っています。

胸痛や動悸、呼吸困難、めまいや失神、下肢のむくみやしびれなどの症状に対して、足関節上腕血圧比(ABI)、心エコー、血管エコー(頚部、下肢動静脈など)、運動負荷心電図、ホルター心電図、24時間血圧測定、冠動脈CT、四肢動静脈CT、MRA、昼間の眠気やいびきに対し睡眠ソムノグラフィーなどの検査を行っています。

侵襲的な治療としては、脈の遅くなる徐脈性不整脈にはペースメーカー手術を、肺動脈塞栓症では下大静脈フィルター留置術を適宜行っています。心臓カテーテル検査・治療が必要な時は、近隣の心カテの可能な施設に紹介しています。

市民の皆様の健康維持のお役にたてるよう、きめ細やかな診療を心がけていますので、循環器に関するお悩み、疑問点があればお気軽にご相談ください。

循環器内科であつかっているおもな疾患

心不全

心不全とは、「心臓のポンプとしての機能が低下し、末梢主要臓器の酸素需要に見合うだけの血液量が確保できなくなり、そのため症状が出現した状態」のことで、一つの疾患ではなく、いろいろな病気により引き起こされる病態をいいます。

原因疾患は心筋梗塞、高血圧、心筋症、心臓弁膜症などが多く、呼吸困難、起座呼吸(寝ると息苦しく、座ると楽になる)、浮腫、食思不振、などが主な症状です。

急性心不全は、新たに発症した心不全で入院加療が必要なことが多く、慢性心不全の急性増悪も含みます。慢性心不全は、常在的に心不全はあるものの安定化しており、日常生活は可能な状態です。

心不全には軽症から死に至る重症のものまであり、軽症の場合は外来で薬物治療を行いますが、高齢者など治りが悪い場合は、早めに入院加療を行った方が安全で早く退院できます。

薬物治療で治りにくい場合は、カテーテル治療や心臓手術が必要な時があり、その際はしかるべき施設に紹介しています。また、慢性心不全で薬物治療に難渋する場合は、在宅陽圧呼吸療法(ASV)などの機械的補助を行うこともあります。

陽圧呼吸療法(ASV)

陽圧呼吸療法(ASV)とは、人工呼吸器で肺に空気を送ることにより肺の血液のたまり(肺うっ血)を改善したり、呼吸の補助を行うことにより呼吸困難を改善したりすることを目的とした心不全治療法の一つです。ASVにより心臓への負担が軽減され、交感神経の緊張を和らげ、予後改善効果も期待されます。基本的には夜間就寝時に使用するものですが、昼間短時間(30分から1時間)の使用でも十分効果は発揮されます。副作用がほとんどない安全な治療法ですので、今後適応が広がると考えます。

心房細動

動悸、胸部違和感、時に無症状で見つかることがあり、心房が震えている状態で、不規則に心室に伝わり収縮します。心機能が低下し血栓が左房にできやすくなるため、心不全と脳梗塞に注意が必要です。脳梗塞予防には、抗凝固薬が必要で、古くから使われているワーファリンと新規抗凝固薬があります。ワーファリンは値段が安いですが、管理に毎回血液検査で用量を微調整する必要があり、納豆、クロレラなどが食べられません新規抗凝固薬は、高価ですが、微調整の必要なく、特に食物に制限は有りません。
抗不整脈薬で除細動を試みることもありますが、最近はカテーテルアブレーションで心筋を焼灼し、心房細動を止めることが盛んに行われるようになってきました。発症して間もない発作性心房細動では、カテーテルアブレーションの効果が高く、カテーテルアブレーションの適応の場合は、近隣の不整脈専門医のいる施設に紹介させていただきます。

ペースメーカーが必要な不整脈

ペースメーカーは、脈が遅いために、めまい、ふらつき、失神を起こしたり、心臓に負担がかかり心不全を来したりする時に脈拍数を保つための治療法です。適応となる不整脈は洞不全症候群、房室ブロック、徐脈性心房細動です。

洞不全症候群は、洞結節と呼ばれる心拍を発生させる部分に異常を来す疾患の総称で、脈が速くなったり遅くなったりを繰り返すことがあり、極端に脈が遅くなり心臓が停止することがあります。一般に数秒の心停止でふらつきが、10秒以上の心停止で失神が起こります。このような症状が出現する場合ペースメーカー適応となります。

房室ブロックは、心房と心室の間にある房室結節と呼ばれる部分に異常が生じて、洞結節ででた命令が途中で遮断されて脈が遅くなる疾患です。場合によってはペースメーカー適応となります。徐脈性心房細動で心不全を来す場合もペースメーカー適応となります。

ペースメーカーの適応を判断するために、電気生理学的検査を行うことがあります。

ペースメーカー

ペースメーカーは、心臓と電気信号のやり取りを行う電極と、電池からなります。電極は通常右心房、右心室へ鎖骨の下の静脈から1本ないし2本挿入し、電池は胸の(普通は利き腕と反対側の)皮膚の下に植え込みます。当院では、手術室で清潔な環境のもと、局所麻酔下に行っています。最近、条件付きMRI対応ペースメーカーが発売され、MRI撮影も可能となり、当院でも積極的に使用しています。

虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞)

狭心症は、心筋を栄養する動脈(冠動脈)が、動脈硬化により内腔が狭窄し、心筋への血流が不足している段階(虚血)で、まだ心筋は壊死に陥っていません。一方、心筋梗塞は、冠動脈の狭窄が進行し血栓で詰まってしまい、心筋が壊死におちいっている状態です。心筋梗塞になると、不整脈や心不全を合併し予後が悪くなるため、狭心症の時点で診断・治療するのが大切です。高血圧、脂質異常症、糖尿病、肥満、喫煙のある方は、動脈硬化が起こりやすく、予防管理も重要です。

狭心症の症状は、労作時に数分続く左前胸部奥のなんともいえない圧迫感や絞めつけられる感じのことが多く、喉の違和感やあご、腕に放散することがあります。表面的なピリピリ、チクチクした痛みは肋間神経痛など別の疾患のことが多いです。安静時にもおこったり持続時間や回数が増えたりすると、心筋梗塞に移行しやすい状態と考えます。ストレスなどで就寝中や安静時に冠動脈が一時的に収縮して胸痛が生じることもあります(冠れん縮性狭心症)。

検査としては、心エコー、運動負荷心電図、ホルター心電図、冠動脈CTなどを行います。治療は、早期で狭窄が軽い場合は、薬物治療(抗血小板薬、冠血管拡張薬)を行いますが、高度狭窄を疑う時はカテーテル検査・治療のため近隣の施設に紹介しています。

閉塞性動脈硬化症

下肢を栄養する動脈が、動脈硬化により狭窄した結果、足のしびれや冷感、痛みが出現し、さらに悪化すると足先の潰瘍や壊死を認めるようになります。

検査としては、足関節上腕血圧比(ABI)をまず行い(ABI<0.9が異常)、詳しい評価のため下肢動脈エコー、下肢動脈造影CT, 下肢MRAなどを行います。

治療としては、一般にABIが0.7-0.9の軽い場合、薬物治療(抗血小板薬・血管拡張薬)・運動療法を行い、ABIが0.7未満の重い場合は、経皮的下肢動脈形成術や下肢動脈バイパス術が必要なことが多く、近隣の施設に紹介しています。
足先の潰瘍・壊死を伴う場合、皮膚科や形成外科に相談することがあります。
下肢に動脈硬化を有する方は、冠動脈疾患や脳血管障害も合併しやすいといわれており、早めに心臓や頭の検査を行い予防することが重要です。

深部静脈血栓症・肺塞栓症

深部静脈血栓症は、下肢の深部静脈に血栓ができ、静脈がうっ滞し、下肢のむくみや暗紫色の色調変化、痛みを生じる病気です。左側の下肢に出現することが多く、たまに両側に認めることがあります。血液検査で、血栓形成の指標であるDダイマーが上昇することが多いです。

深部静脈の血栓がはがれて肺動脈をつめると、息切れや胸痛などの症状が出現し、肺塞栓症を発症します。下肢静脈に大量の血栓を認めた場合、一度にとぶと心肺停止をきたすことがあるため、下大静脈にフィルターを留置することがあります。

飛行機の長時間搭乗によるロングフライト症候群の原因として有名ですが、入院中でも手術後や長期臥床例で時に認められます。時間がたつと、側副血行路ができ下肢のむくみは軽減しますが、静脈瘤や皮膚潰瘍、色素沈着などの後遺症を残すことがあります。

検査としては、Dダイマー、下肢静脈エコー、下肢静脈・肺動脈CT、下肢MRVなどを行い、治療としては、薬物治療(ヘパリンやワーファリン、新規抗凝固薬などの抗凝固療法)や弾性ストッキング装着を行います。

睡眠時無呼吸症候群

夜間いびきをかいて息が止まる、熟睡感がなく、昼間眠くなりやすいなどの症状がある方は、睡眠時無呼吸症候群が疑われます。夜間睡眠が障害されるため、昼間注意力が散漫になって運転中に居眠り事故をおこすなど社会的問題をおこすことがあります。高血圧や心疾患などの生活習慣病の発症とも関わりがあり、睡眠時無呼吸症候群を合併すると高血圧は2倍、心疾患は3倍、脳卒中は4倍に増加するといわれています。

閉塞型と中枢型、その混合型に分類され、閉塞型は喉のあたりの空気の通り道が狭くなるためにおこり、その要因として肥満や首が太くて短い人、顎が小さい人があげられます。中枢型は、脳血管障害や心不全などで呼吸中枢が障害されておこるとされています。

検査は、睡眠ポリソムノグラフィーで夜間の無呼吸・低呼吸の回数や持続時間、血中の酸素の飽和度を調べることにより診断します。自宅で行える簡易型で睡眠時無呼吸症候群の有無はある程度わかりますが、原因など詳しく調べる場合は一泊入院で行う精密型を行います。

治療は、閉塞型の場合、ほとんどが持続陽庄呼吸療法(CPAP)で治りますが、重症の場合は耳鼻科でマウスピース療法や気道拡張術を行うことがあります。中枢型の場合は、原因となる脳疾患や心疾患の治療や在宅酸素療法などを行います。

持続陽庄呼吸療法(CPAP)

マスクを介して気道内に陽圧をかけることにより気道の閉塞を防ぎ、無呼吸・低呼吸を減少させます。夜間寝るときだけ使いますが、使ったその日からいびきが減って昼間の眠気が軽くなることが多く、効果は早めにでます。CPAPを使うと使わなかった人より予後が改善するとされています。

循環器内科で行なっている検査

足関節上腕血圧比(ABI (ankle brachial index))

手足に同時に血圧計をまいて、両側上下肢の血圧を同時に測り、上肢と下肢の血圧の比(下肢/上肢)をしらべます。動脈硬化で下肢の血管がつまってくると値が低下し、閉塞性動脈硬化症の診断に役立ちます。また、動脈のかたさ(弾力性)も知ることができます。

右 ABI=右下肢血圧/高い方の上肢血圧

心エコー検査

超音波で心臓や大動脈、肺動脈などの検査を行います。心臓の大きさや壁の厚さ、心室の動き、逆流や異常血流の有無などをしらべ、虚血性心疾患や弁膜症、先天性心疾患などの診断に利用します。心不全の原因や重症度を評価し、治療法の選択や効果判定に有用です。 

経食道心エコー検査

食道まで胃カメラの形をしたエコーの管を挿入し、心臓を裏側から見る検査法です。食道は心臓や大動脈に近接しているため、体表からおこなう心エコー法よりも心臓を鮮明に描出できます。弁の狭窄や逆流などの異常、左房内の血栓の有無、感染症の原因である菌塊の有無、先天性心疾患や大動脈疾患の詳細な観察に有用です。

血管エコー検査(頚部、下肢動静脈、腎動脈など)

超音波で血管の狭窄や閉塞など、動脈硬化の程度や血栓の有無をしらべます。頚部、下肢、腎動脈と目的に応じて行い、めまい、ふらつきなどの症状の時は、頚部血管エコーを、歩行時の足のしびれや痛みなど閉塞性動脈硬化症が疑われるときは下肢動脈エコーを、下肢のむくみや腫れの場合は深部静脈血栓の有無を調べるため下肢静脈エコーを行います。腎動脈エコーは、高血圧の原因の一つである腎血管性高血圧の診断のため、腎動脈の狭窄の有無をしらべます。

運動負荷心電図

心臓に負荷を与える方法には、エルゴメーター(自転車をこいで、徐々にペダルの重さを増やします)とトレッドミル(ランニングマシーンを歩き、徐々にスピードや傾きを強くします)の二つがあります。当院では高齢の方で運動量の少ない方でも対応できるようエルゴメーターを主に使用しています。運動負荷による虚血や不整脈の有無をしらべ、狭心症などの診断に役立てます。

ホルター心電図(24時間心電図)

胸に数個の電極を貼り、小型軽量の心電図記録装置を身につけて、24時間動悸や胸痛時の不整脈や虚血の有無をしらべます。洞不全症候群や房室ブロックなどペースメーカー治療の適応判断にも利用します。月曜日から木曜日に装着し、装着後は自宅で普通に生活し、翌日午後にはずします。装着中、シャワーやお風呂には入れません。

24時間血圧測定

24時間上腕にマンシェットを巻き、30分から1時間ごとに血圧をはかり、一日の血圧を記録します。血圧は、正常では昼に高く夜に低いという日内変動がありますが、夜間血圧が高かったり早朝血圧が急上昇する方は、動脈硬化が進みやすいといわれています。診察室で血圧が高くても自宅で正常であれば経過をみることが多く(白衣高血圧)、診察室で血圧が正常でも自宅で高ければ治療を要することが多いです(仮面高血圧)。

冠動脈CT

狭心症や心筋梗塞などが疑われる際に、造影剤を用いてCTにて心臓を栄養する動脈(冠動脈)を描出することにより、冠動脈の狭窄や閉塞の有無をしらべます。不整脈や冠動脈石灰化などで画像が不鮮明になることがあります。脈拍を下げたほうがより鮮明に撮影できるため、検査2時間前に脈拍を下げるお薬を飲んでいただきます。

検査中、造影剤投与により胸が熱くなりますが、これは造影剤の作用で特に問題ありません。じんま疹など造影剤アレルギーや腎不全、気管支喘息のある方は施行できません。

 

四肢動静脈CT

閉塞性動脈硬化症や深部静脈血栓症を疑う場合に、造影剤投与により下肢動脈の狭窄・閉塞の有無や下肢深部静脈の血栓の有無などを評価します。

造影剤を用いますので、冠動脈CT同様、造影剤の禁忌の方は施行できません。

四肢動静脈MRA

MRAは、画像解像度は下肢動静脈CTにくらべ落ちますが、造影剤を使用せずに撮影できるため、造影剤の禁忌の方に施行できます。最近、MRI対応ペースメーカーなどMRIが可能な体内機器も増えてきており、施行については担当医師にご相談ください。

睡眠ポリソムノグラフィー

睡眠時無呼吸症候群を診断する検査で、自宅で動脈酸素飽和度と鼻気流をモニターする簡易型ソムノグラフィーと一泊入院下で心電図や脳波も記録する精密型ソムノグラフィーの2種類があります。簡易型ソムノグラフィーでまずスクリーニングを行い、精密型ソムノグラフィーにより、原因を評価し、治療方針の決定に役立てます。
簡易型は、自宅で行い、自分で晩寝る前に指と鼻にセンサーを装着し、翌朝にはずして病院まで持ってきていただきます。
精密型は、週末金曜日に一泊入院し、夕方各種センサーを装着し、翌朝外した後退院していただきます。解析は後日行い、数日かかるため、外来で結果を説明します。

電気生理学的検査

正常な心臓では、心臓を収縮させるための命令が心房の洞結節から出され、房室結節を経て刺激が心室全体に伝わり、心臓を収縮させます。
電気生理学検査は、足の付け根の静脈(大腿静脈)から電極カテーテルを心臓に挿入し、電気刺激を与え、心臓の反応をみる検査です。当院では、おもに徐脈性不整脈に対しペースメーカー適応を判断する時に行っています。局所麻酔下で行い、通常1時間程度で終了します。

ループレコーダー

不整脈の精査には一般的にホルター心電図を行いますが、ホルター心電図では検査時間が24時間に限られ、不整脈を検出できないことがあります。

ループレコーダーは、胸部皮下に植え込み、最長3年間の心電図モニターが可能で、ホルター心電図で検出できない不整脈に対して、有効な手段となります。 USBくらいの大きさで、植え込みの際は数日間入院が必要です。

循環器ドック

当院では、心臓の健康度を短時間で評価するため循環器ドックを2015年10月から始めました。

血圧脈波測定(ABI)、心臓超音波検査などのほかに、選択項目として運動負荷心電図または冠動脈CT検査(64列マルチスライスCT)を行います。 予約制で、運動負荷心電図は木曜日、冠動脈CT検査は火曜日に行います。

2015年下半期では、運動負荷心電図コースを7例、冠動脈CT検査コースを1例に行いました。

詳細については、下記をご参照ください。

循環器ドックのページへ

専門医・認定医・スタッフの紹介

北川 泰生(きたがわ やすお)
役職 循環器内科 部長
専門分野 循環器内科
資格 日本内科学会総合内科専門医
日本循環器学会専門医
日本医師会認定産業医
がん医療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了
伊阪 大二(いさか だいじ)
役職 循環器内科 主任医長
専門分野 循環器内科
資格 日本内科学会総合内科専門医・指導医
日本循環器学会専門医
日本高血圧学会専門医
心臓リハビリテーション指導士
日本医師会認定産業医
がん医療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了