ご来院の方へ:診療科のご案内

栄養管理室

栄養管理室の紹介

室長(医師)をはじめ、管理栄養士・栄養士・調理師・調理パート総勢24名で運営しています。平成23年1月新厨房へ移転しました。

入院中の栄養管理

基本理念

“私たちは、こころとからだにやさしい食事づくりをめざします。”

食事の種類と一例

常食をはじめとする一般食・糖尿病食などの治療食あわせて常時30食種を提供しています。
さらに、アレルギー・調理形態・その他必要に応じ対応を実施しています。
また、季節にあった行事食をご提供しています。

選択食について

行事食とは別に週2回程度、夕食時に選択メニュー(A・B・C)を選べるようにしています。

※選択メニュー(C)は別途費用をいただきます

特別メニューの一例

行事食の一例

食事時間
朝食 8時
昼食 12時
夕食 18時

芦屋病院レシピ
あさひがおか食堂

当院で実際にお出ししている、おすすめしたい1品を毎月掲載しています。

患者さんからのおたよりと季節のメッセージ

患者さんからいただいたおたよりは栄養管理室内に掲示し、大切に保管しています。
患者さんから病院でのお食事のヒントをいただくことが多いです。

栄養管理・栄養指導

ベッドサイド訪問

入院中に管理栄養士がベッドサイド訪問を行い、提供されている食事の説明を行います。患者さんからは、「この食事はどこで作っているの?」「退院したらどんなことに気をつけたらいい?」など素朴な質問をうけることもあります。

栄養指導

私たちは継続可能な食事療法を患者さんと共に考えます。

予約方法 主治医・看護師・管理栄養士にご相談ください。
指導の種類と時間 個人指導:初回時 30分 2回目以降は指導内容による
集団指導:40分~1時間
指導の一例 糖尿病・脂質異常・高血圧・その他主に生活習慣病に起因するものや、食欲不振・摂食嚥下障害など

人間ドック

ドック食の一例(年度ごとにかわります)

糖尿病教室

医師・各医療スタッフが講師となり、治療・療養の説明を行います。お気軽にご参加ください。

教室の様子

テーマの一例

  • 糖尿病にきく!肩のストレッチ法(理学療法士より)
  • 食欲の秋こそ食事療法(管理栄養士より) など

糖尿病専門医・療養指導士(平成27年4月現在)

専門医 1名
療養指導士 管理栄養士 1名
臨床検査技師 2名
看護師 2名
薬剤師 2名
理学療法士 1名

年間計画表

年間計画表を見る

NST(栄養サポートチーム)

医師・歯科医師・看護師・薬剤師・管理栄養士・言語聴覚士・退院支援看護師・歯科衛生士の8職種で活動しています。

主な介入疾患は、誤嚥性肺炎・経腸栄養・褥瘡です。毎週のカンファレンス後、ラウンドを実施しています。

院内研修会

摂食嚥下・経腸栄養を中心に、チームのメンバーが講師となり定期的に開催しています。

その他の活動

芦屋市内給食施設との連携

芦屋給食施設協議会・芦屋栄養士会を通じ、給食や栄養の知識を共有しています。昨年度より、市内病院・高齢者施設から当院に入院される患者さんの情報をやりとりする<芦屋栄養連携サマリー>を作成し試験運用しています。

スキルアップ

栄養関連学会の認定資格等
  • 病態栄養認定管理栄養士
  • 栄養サポートチーム専門療法士
  • 糖尿病療養指導士

管理栄養士養成課程・臨地実習生の受け入れ

臨地実習のスケジュール(平成27年)

集団指導

実際の様子と作成資料