ご来院の方へ:診療科のご案内

眼科

眼科の紹介/専門分野について

当院眼科では、白内障、緑内障、糖尿病(全身疾患)を主に、その他、眼鏡の処方、外眼部疾患、前眼部疾患眼底疾患、神経眼科疾患、ぶどう膜炎、外傷、斜視、腫瘍、涙器疾患など、様々な疾患を取り扱っています。

白内障の多くは加齢性の変化でおこるものですが、視力が低下し生活に支障が出るようになれば手術の対象となります。白内障手術は眼内レンズを使用する小切開手術で施行します。

緑内障は視神経の障害により視野が狭くなってくる病気です。当院では、定期受診、点眼治療,視野フォローにより早期発見・早期治療を目指しております。

糖尿病網膜症については眼底検査、および進行例にはフルオレセイン蛍光眼底造影検査、網膜光凝固術(レーザー治療)にて加療します。視力低下などの症状が出た場合は、すでに網膜の状態が非常に悪化していることが多いため、糖尿病と言われた場合は症状がなくても定期的な眼底検査が重要です。

ドライアイ、流涙症は点眼治療が主ですが、涙点プラグ挿入、涙道チューブ挿入にて加療することもあります。

その他、各種眼瞼手術(麦粒腫、霰粒腫、翼状片、眼瞼下垂、内反症など)は日帰り手術が可能です。眼科検査によって、全身的疾患が発見されたり、その経過観察に眼科所見が重要であることも稀ではありません。そのような疾患や、投薬治療が主体となる、ぶどう膜炎、視神経炎などには、当院他科と連携・相談しながら加療しています。

レーザー治療は、眼底疾患(網膜裂孔、糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症など)、閉塞隅角緑内障(レーザー虹彩切開術)、後発白内障(YAGレーザー後嚢切開術)に対して、随時施行しております。また、検査の上で専門の医師への受診が必要な際は、他施設を紹介することもあります。

外来診療体制について

常に「患者さんと一緒に目の病気に向き合う」ということを心がけ、毎日の診療に携わっています。また、ご本人にとって最新・最善の治療が提供できるように常に努力していきたいと思っています。疑問に思われた事はどんな事でも気軽に医師または眼科スタッフに相談して下さい。午前中は一般診察、午後より特殊予約検査、手術は、水曜日の午後に施行しています。白内障は日帰り、入院のどちらでも行っておりますが、安全面を考えて、1泊2日の入院を勧めています。その他眼瞼手術や外眼部手術は日帰り、入院のどちらでも行っています。気になる症状がございましたら、医師に相談してください。

当院で行っている手術

  • 白内障手術
  • まぶたの手術(眼瞼下垂内反症など)
  • 翼状片手術
  • その他外眼部手術

専門医・認定医・スタッフの紹介

家久来 啓吾(かくらい けいご)
役職 非常勤嘱託医師
専門分野 眼科
資格 日本眼科学会専門医
PDT認定医
岡本 貴子(おかもと たかこ)
役職 非常勤嘱託医師
専門分野 眼科
資格 日本眼科学会専門医
ボトックス認定医
西田 有紀(にしだ ゆき)
役職 非常勤嘱託医師
専門分野 眼科
資格 日本眼科学会専門医
平位 潤子(ひらい じゅんこ)
役職 非常勤嘱託医師
専門分野 眼科
資格 日本眼科学会専門医