ご来院の方へ:入院のご案内

看護局

看護部長あいさつ

看護局が目指しているのは、常に患者に寄り添い、個別性を尊重した患者中心の看護を提供すること、専門職として責任ある行動をとることです。そのために、私たちは患者に優しくあること、提供する看護に根拠をもつこと、倫理観や判断力を養うことと考え教育に力入れております。専門・認定看護師や各委員会による研修会、さらに認定看護師や院内のリーダー看護師やインジェクションナースの養成などにも取り組んでおります。

また在宅医療の充実が重要課題である現在、芦屋市の中核病院として、住民の方々が地域で最後まで安心して暮らせるように支援することが私たち看護師の役割だと考えております。その役割を担うため訪問看護師人材育成事業へ参加し、訪問看護師と病院看護師の交換研修を行っています。病院看護師は訪問看護師が提供している看護を学ぶことまた、自宅での患者の状況を理解し、本当の意味で患者に提供しなければならない看護が見えてきたところです。今後もやさしい看護の提供に努めて参ります。

看護局紹介

「常に患者に寄り添い、個別性を尊重した患者中心の看護を提供する。」 「専門職としての自己の役割を認識し、責任ある行動をとる。」

看護局の理念

  1. 私達は患者中心の看護を展開します。(Heart&Art)
  2. 私達は患者さんの人間としての尊厳と人権を守ります。(Dignity&Human Rights)
  3. 私達は専門職として、サイエンスとアートに基づいた良質の看護を提供します。(Science&Art)

看護局目標

  1. 1人1人が得意分野を生かし、安全で良質な看護を提供する。
  2. 市民・地域住民と一体となったチーム医療に取り組み、信頼と満足を高める。
  3. 地域連携を密にし、入院から在宅まで安心した医療を提供する。
  4. 看護の専門職としての倫理観と判断力をもって、行動できる。
  5. 自己教育力を持ち、キャリア開発を支援する。

看護体制

1.看護の提供

一般病棟入院基本料(7対1)

2.看護方式:受け持ち看護体制

受け持ち看護の理念

  1. 継続性があり、責任のある看護をする。
  2. 専門職として主体性を持ち、遣り甲斐のある看護により自らも成長する。
  3. 患者さんが満足される看護を提供する。

1人の看護師が数人の患者さんに対し24時間のケア決定を行う。入院から退院までの看護ケア計画、実践、評価を実施する。

3.病棟勤務体制

2交替制勤務 一部3交替制

4.看護師の教育

芦屋病院看護局におけるキャリア開発支援

教育理念

病院と看護の理念に基づき、生命の尊厳を守るために、豊かな感性、真の自律性を身につけ、幅広い知識を実践に統合できる看護師を育成する

教育目標
  • 患者の人権を擁護できる看護師の育成
  • 患者中心のケアを根拠に基づいて実践できる看護師の育成
  • コミュニケーション能力の優れた看護師の育成
  • 専門知識と看護技術、判断力に優れた看護師の養成
  • 問題発見・解決能力に優れた看護師の育成
  • 研究的視点で、新しい看護を提供できる看護師の育成
  • 主体的に学び自己研鑚できる看護師の育成

ジェネラリストの育成→スペシャリストへの道

図:ジェネラリストの育成。キャリア開発支援・子育て支援を受けてスペシャリストへの道へ

 

看護師の歩み

図:研修やオリエンテーションから研究や専門職の育成まで

新人教育

新人研修

5.専門学会有資格看護師

消化器内視鏡技師とは、日本消化器内視鏡学会が認定した資格です。内視鏡検査や治療が円滑に行われるよう、医師の監督指導のもと消化器内視鏡検査の介助と看護を行っています。

また最新情報の提供や内視鏡機器の管理など、常に患者さんが安全に安楽に検査を受けられるようチームで取り組んでいます。