ご来院の方へ:病院のご案内

病院長あいさつ

 令和4年4月1日より市立芦屋病院の病院長を拝命いたしました南 正人と申します。私は、大阪大学を卒業後、愛媛県と大阪府の医療機関で4年半の修練の後に大阪大学医学部附属病院に戻り、呼吸器外科医として診療するとともに、直近15年間は手術室の管理の仕事にも携わって参りました。ずっと大阪におりましたが、芦屋で生まれ25年間在住しておりましたので、大好きな芦屋に戻って勤めさせていただくことを嬉しく思っております。

 公立病院をとりまく環境は大変厳しいものがあります。医療費高騰、超高齢化、人口偏在、医師偏在といった中で、世界に誇れる日本の医療保険制度を維持してゆくには、地域医療構想のもとで容赦のない公立病院改革が求められています。そもそも公的病院の役割の一つは民間病院が手を出しにくい不採算医療のはずだったのですが、不採算では公立病院は行政による統廃合の対象になります。平成24年に完成した新病院は急性期病床を大胆に縮小し、全体の3分の2を個室とした地域と時代にマッチしたものとなり、時代を先取りして経営改善に取り組んで参りましたが、慢性的医師不足や地域医療構想による病床再編など医療を取り巻く厳しい環境のもとでさらなる経営改革が望まれています。

 令和元年から始まった新型コロナウイルスによるパンデミックにあっても、当院は早くから帰国者・接触者外来開設、患者入院受け入れを行い、地域医療機関と連携して公的病院として頼っていただける体制を構築しました。また院内クラスターの発生や医療崩壊に陥ることなく、病院機能を維持することもできています。感染症専門職を中心とした職員全員のすばらしい功績と思います。今後も新型コロナウイルスの推移に柔軟に対応するとともに、あらたな新興感染症への対応も視野に入れながら、当院の専門性を発揮して芦屋市の唯一の公的病院、中核病院として、芦屋市民の健康と生命を守って参ります。皆様の御理解と御支援が不可欠です。何とぞよろしくお願い申し上げます。

2022年4月 市立芦屋病院 病院長 南 正人