広報誌HOPE Plus

事業管理者のつぶやき

Chapter118.離合集散 NEW

市立芦屋病院事業管理者 佐治 文隆

2019年アカデミー賞で作品賞こそ逃しましたが主演男優賞など4部門で受賞した「ボヘミアン・ラプソディ」は、イギリス・ロンドン出身のロックバンド「クイーン(Queen)」の物語です。前評判はそれほど高くなかったのですが、封切りとともに観客数がうなぎのぼりに増え、日本での興行収入は100億円を軽く突破しました。ストーリーは比較的月並みで、メンバーのボーカル担当でHIV感染者のフレディ・マーキュリーの伝記ドラマです。しかし、次々と生まれる大ヒットメロディの舞台裏など音楽性が高く、クイーンを知る年代だけでなく若い世代にも人気が出て、多数のリピーターが生じて観客動員につながったと思われます。

「ボヘミアン・ラプソディ」「ウイ・ウイル・ロック・ユー」を始め「レディオ・ガ・ガ」など数々の名曲を生んだ4人組でしたが、フレディがソロ活動を始めたことからバンド内の不和が広がり崩壊寸前となります。解散寸前のクイーンを救いグループ復活に導いたのが、1985年開催のアフリカ難民救済目的の史上最大級チャリティコンサート「ライブ・エイド」でした。映画のラスト約20分はこのライブ映像の迫力を十二分に見せつけてくれます。1991年フレディは41歳の若さでエイズのため死亡しますが、クイーンは残されたメンバーで活動を続けます。

イギリスのロックバンドといえばザ・ビートルズ(The Beatles)抜きには語れません。リヴァプール出身の4人組は1960年代の世界を席巻しました。「史上最も偉大なアーティスト」の名はおそらく不滅のものでしょう。そのビートルズですらグループ内の不和から1970年に事実上の解散に追い込まれます。以後は4人がそろって演奏することはありませんでしたが、組み合わせを変えて二人または三人でアルバムを出しています。またリンゴ・スターのソロアルバム「リンゴ」では録音テープの上だけでありましたが、4人全員が参加してリリースされました。私がアメリカに留学中に、ニューヨークでジョン・レノンが撃たれ、非業の死を遂げました。新聞各紙がトップページに最大級の活字で彼の死を伝えていたことを思い出します。もう4人が再び集まる夢は叶えられません。

解散騒ぎで話題になったのが、日本のアイドルグループ「嵐(ARASHI)」です。1999年に結成、CDレビューした5人グループも結局は結束を固められず、2020年12月31日付の活動休止を宣言し、ファンが大騒ぎしています。まだ2年先のこととはいえ、解散を明らかにした嵐の求心力は持続するのでしょうか。安室奈美恵のように引退に向けて人気が頂点に達することができるのか注目されます。日本の国民的アイドルグループといえば、「Sports Music Assemble People」の頭文字をとったSMAPです。当初6人のちには5人組の彼らは28年間にわたって、国内だけでなく東アジアでも超人気グループとして活躍しました。SMAPも内紛・分裂騒動の挙句2016年12月31日付で解散しています。嵐の解散日も兄貴分のSMAPを真似たのかもしれません。

SMAPのミリオンヒット「世界に一つだけの花」は第76回選抜高等学校野球大会の開会式入場行進曲に採用されました。さらに今年2019年の第91回選抜高等学校野球大会でも再度入場行進曲に選ばれ、平成の代表曲の地位を不動にしました。嵐にしろ、SMAPにしろ、分裂解散後も「世界に一つだけの花」のように再会、融合、復活の機会があることをファンは望んでいることでしょう。

(2019.4.1)